この記事をシェアしませんか?

エーハイムエコフィルターが壊れた!初めての部品交換の流れ

最初に断っておきますと、今回壊れた原因は自分です!すいません!

基本的に使い方を間違っていたんです。。。

僕が使っているのはエーハイムのエコフィルター2234という、初心者でも簡単に使えそうな素晴らしい外部濾過装置です。

「マルチハンドル」というハンドルを下げると呼び水とかしてくれる便利なやつです。

で、えーっと。まぁなんで壊れたかをまず説明しますね。

マルチハンドルを下げるときは電源をオフにする

今回の故障というか破損はこれに尽きます。

換水とかで呼び水をしないといけなくなったときに、電源を切らずにマルチハンドルを下げていたんですよね。

なんかすごく重いなーと思いながらやっていたんですが、一応動くには動いていたので、そのまま使っていました。

そして先日、ついに「バキッ」っと。。。

破損箇所

ハンドルと本体を繋ぐ部分が折れてしまいました。

『やばい!』

と思って、すぐに電源コードを抜きました。

ハンドルを下げた時に折れたので、フィルターが開きかけてたんですよね。。。

さて、どうしようかと。

折れた部分がどうなっているのか、どのパーツが壊れてしまったのか確認するために、フィルターを開けて中身を抜きます。

破損箇所

折れた部分はこのようになっていました。

本体には損傷がなく、コネクタが折れたようです。

部品だけ売っていないかなーと探したところ、「マルチハンドル差し込み」という商品名でCharmさんで販売してることがわかりさっそく注文。

商品到着まで3日ほどかかり、その間にガラス面がコケだらけになりました・・・

マルチハンドルの外し方

3日後、パーツが届いたのでさっそく交換です。

まずはマルチハンドルを外さないとどうにもなりません。

どうやって外すのかなーと悩んでいたら、ようやく外し方を発見しました!

溝に合わせる

ハンドルと軸の部分をよく見てみると、切り欠きがあります。

これを合わせてハンドルを外側に拡げるとスポッと軸とハンドルが外れます。

破損状況

見事に折れちゃってますね・・・無理な使い方してごめんよ・・・

さて、まずこの壊れたパーツを外すわけですが、さすがに可動部の部品だけあってかなりしっかりと嵌めこまれています。

手で外すのは無理と判断し、ラジオペンチを使いました。

部品の外し方

パーツの足の部分を両方から挟み込みます。本体を傷つけないように慎重に。

足の引っ掛かりをなくせば下方向にスルッと外すことができます。

新しいパーツに交換します。

部品のはめ方

取り外したのと逆手順なので、下から差し込むだけです。

ハンドルと軸にはグリスが塗ってあったので、本体購入時に付いていたワセリンを塗りました。Oリングに使うやつですね。

せっかく開けたついでだからOリングにも塗っておきます。

ハンドルを戻す。

ハンドルを装着

こちらも外した時と逆手順です。

切り欠きを合わせてはめ込みます。

ハンドルを装着

無事にハンドルが直りました!

マルチハンドルを操作するときは電源を切る。これからは注意して行います。

スポンサーリンク
instagram&Youtubeやってます!

instagram&Youtubeやってます!

インスタではブログに載せていないキュートなフォト満載で更新しています!
フォローやコメントお待ちしてます!

Instagram

Youtube「ビバアクアch」ではアクアリウム用品のDIYやハックを始めとした熱帯魚関連の動画をアップしています。
ぜひチャンネル登録をお願いします!!

この記事をシェアしませんか?