この記事をシェアしませんか?

水草ラージパールグラスを水中葉から水上葉にする方法

今は30センチキューブがメイン水槽なのですが、過去に90センチスリム水槽を本水槽としていた時期がありました。

その時はグロッソのじゅうたんに憧れて、Co2添加も行い水草水槽にすべく頑張っていたのですが、当時はミドボンの存在も知らず小型Co2ボンベで頑張っていたのでコスパが悪い…

水槽リセットのタイミングで大部分を廃棄し、石メインのシンプルなレイアウトへと変更しました。

しかし最近また水草が恋しくなりまして…

ジョイフルAKで安かったラージパールグラスを買ってしまいました。

公開時「ニューラージパールグラス」と記載していましたが、どうやら「ラージパールグラス」のようです。

本水槽は底床が砂だったので、とりあえずボトルにソイルを入れて増やそうと思ったのですが、これがなかなか調子が上がらない。

ココは一つ、水上葉に挑戦だ!ということで、ラージパールグラスの水上栽培にチャレンジすることにしました!

育成の経過を随時報告して行きたいと思いますので、お時間あればお付き合いください。

ビバアクアのYoutubeチャンネルはこちら
チャンネル登録よろしくお願いいたします!

『水上葉』ってなに?

まずは「水上葉」について調べました。

水上葉(すいじょうよう)というのは本来水中にある水草が、水上に適応したもの。いや、本来は水上葉が元の姿なのかな?

とにかく水上に適応したのが水上葉、水中にあるのは水中葉といいます。

水草といえど植物なので、水中よりも水上のほうが育成に適しているものが多いそうです。二酸化炭素もたくさんあるし、コケに侵されることもありません。

水上葉化(水上栽培)の方法

水中にあった水草をいきなりプランターなどに植えても乾燥して枯れてしまいます。

水辺に生きる植物なので、それなりに水のある環境で栽培します。

  • ガラス容器・プラケースなど底に穴の空いていない容器を用意する
  • 使い古しのソイルや赤玉土などを入れる
  • 土が浸るくらいに水を入れる
  • 水草を植栽し、日光の当たる場所(または照明の下など)に置く
  • 乾燥しないようにラップをしたり、定期的に霧吹きで湿度を保つ

おおまかにこのような流れになります。

低温・乾燥に弱いので、冬場は室内に入れたほうが良さそうです。

ラージパールグラスを水上葉化しよう

それでは、ラージパールグラスを水上栽培してみたいと思います。

といっても写真とか全然撮っていなかったので、すでに植栽が終わった写真で・・・

ニューラージパールグラス水上葉にラップ

ニトリで買ったグラスベースを使っています。

このようなガラス容器だと、高さがあっても日光を取り込める反面、ガラス面にコケが発生することがあるようです。

また、色んな種類の水草を水上葉化させるなら容器を統一したいので、百均などのほうが良いかもしれないですね。

ニューラージパールグラス水上葉化

土には観葉植物用の肥料入りの土を入れて、そのうえにソイルを薄く敷きました。

ソイルは完全に見た目を綺麗にするためですね笑

もちろんソイルオンリーでも良いですし、赤玉土オンリーでもOKです。赤玉土の場合は肥料を添加したほうが良いかもしれないです。

ラージパールグラスは水中だと植えづらいですが、水上だとザクザク植えることができます。ストレスフリーです笑

植栽したら、水を入れます。

土がひたひたになるくらいに入れましょう。

急激に環境が変わると植物が適応しきれないので、徐々に環境が変わるようにします。

ニューラージパールグラス水上葉化

容器にラップをして、爪楊枝で空気穴を開けました。

これで容器内の湿度を保ち、定期的に霧吹きも行います。

水中葉から水上葉に変化する際には、一度枯れてから水上葉となるそうです。

どのくらいの期間でなるのかな?

メモ:2017年7月20日、水上栽培開始

動画でもレポートしています

今回のラージパールグラスの水上葉化をYoutubeにアップしています。

準備から植栽までの動画となっています。

もし興味があればご覧ください!!チャンネル登録していただけるとものすごい喜びます笑

スポンサーリンク
instagram&YouTubeやってます!

instagram&Youtubeやってます!

インスタではブログに載せていないキュートなフォト満載で更新しています!
フォローやコメントお待ちしてます!

Instagram

Youtube「ビバアクアch」ではアクアリウム用品のDIYやハックを始めとした熱帯魚関連の動画をアップしています。
ぜひチャンネル登録をお願いします!!

最新動画TOP3

この記事をシェアしませんか?