この記事をシェアしませんか?

稚魚の餌となる?プランクトンを激写

いつの間に増えてるプランクトン!

ゴールデンハニードワーフグラミーの稚魚を小さなタッパーと瓶で育てているのですが、どこからか湧いてきたプランクトンがぴょこぴょこと水面を移動しています。

これが後々、稚魚のエサになるんだよね?と思いながらジッと稚魚を観察していてもなかなか捕食シーンは捕らえられず。プランクトンを食べそうな大きさの稚魚は1匹しか居ないので、このままどんどんプランクトンだらけになったらどうしよう、など要らぬ心配をしています。

さて、このプランクトンは何なのだろうと興味が出てきたので撮影してみました。

ケンミジンコ?

んんん、何なんだろう?

活きのいいケンミジンコ

瓶の中からスポイトで採取し、ガラス面に落としてみました。

これはなんだろう、ケンミジンコで良いのかな?

ケンミジンコ

「ケンミジンコ」で検索してきて出てきたこちらのブログを見ると、どうやら間違いないようだ。

ちいさいのに出会いました

しかもオシリらしいところに付いている2つの尾びれみたいなのは、なんと卵らしい。小さいけどしっかり生きているんだねぇ。

こいつはひっきりになしに動いているので、のんびりしている稚魚にはまだ捕まえられないかな?

順調に育ってます

成魚に似てのんびりしてる稚魚。動きの遅いプランクトンにはゆっくり近づいて・・・パクっ!っていう仕草は見せるんだけど実際は捕まえられていないみたい笑

GHDグラミーの赤ちゃんたち

そうそう、また稚魚が生まれていました。

新しい稚魚

この場所が産卵場所としてお気に入りのようなんだけど、吸水パイプの真上なので、知らない間に吸われてるんじゃないかと不安です。

スポンサーリンク
instagram&Youtubeやってます!

instagram&Youtubeやってます!

インスタではブログに載せていないキュートなフォト満載で更新しています!
フォローやコメントお待ちしてます!

Instagram

Youtube「ビバアクアch」ではアクアリウム用品のDIYやハックを始めとした熱帯魚関連の動画をアップしています。
ぜひチャンネル登録をお願いします!!

この記事をシェアしませんか?