パールグラミーの卵ってどんなの?簡単に見つかるの?

パールグラミー
この記事は約2分で読めます。

ビバアクアのYoutubeチャンネルはこちら
チャンネル登録よろしくお願いいたします!

先日うちのパールグラミーが産卵したのですが、オスが泡巣を作りはじめてからいつ産むのかはよくわかりません。

今回はグラミーの産卵シーンを確認できたため卵を産んだのがわかりましたが、例えば外出中に産卵した場合などはなかなか気づかないかも・・・

実際に、パールグラミーの卵とはどんなものなのでしょうか?

 

卵の大きさ

パールグラミーの卵は直径約1mm。

下の写真で、1mmの目盛りの上にある、ちょっとピンぼけになっている丸いのが卵です。

ガラスの厚さを差し引いても1mmあるかないかくらいです。

大きさは1mm程度

 

産卵直後はこのように透明です。

パールグラミーの卵

1日すると、うっすらと黄色っぽくなってきます。

 

泡巣の上からはわからない!

卵があるかどうかはどうやって判断すればよいのか。

実は泡巣の上から見ても、卵があるかどうか見分けるのは難しいかもしれません。

 

泡巣の上からは見えない

 

卵があるかどうかは、泡巣を下からチェックしましょう。

泡巣をしたから見ると・・・

 

拡大してみると・・・

泡巣の中に卵が見える

泡とはちょっと違う、すこし黄色がかった丸いもの、これがパールグラミーの卵です。

かなりの数が産卵されていますね。

 

泡巣を横から見てみると・・・

泡より沈む?

 

卵は泡より少しだ沈んだ状態で浮かんでいます。

水面から見えないようになっているのは、捕食されないようにするためでしょうか・・・

 

実際にはオスの行動でわかる?

卵を目視するには以上のようなポイントがありますが、実際にはオスの行動を見ていれば、産卵したかどうかはすぐに分かるかもしれません。

というのも、甲斐甲斐しく子育てをしているからです笑

泡巣めがけて空気を吐き出す姿は、ちょっと感動します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました