この記事をシェアしませんか?

小型ビバリウム作成。スタイロフォームでバックパネルを作る!

初めてのバックパネル作成。

コーナーボックス作成の流れで、そのままバックパネルを作っておりました。

当然のことながらバックパネル作成も初めて。

切り出しやすさ、加工のしやすさから「スタイロフォーム」を素材にチョイスしました。

スポンサーリンク

ラフスケッチをしよう

スタイロフォームを切り貼りしてバックパネルの土台を作るのですが、まずはラフスケッチを描きましょう。

細かく描く必要はないので、ざっくりと。

今回は滝を作りたいので、そのあたりを検討しつつ・・・

スタイロフォームをカットするのも初めてと、相変わらず初めてづくしですが、なんとかバックパネルもベースが完成しました!

どうでしょう!?

小型ビバリウムなのですが、どうも細かい感じになってしまいました。

もっと大胆に削りだすべきでしたね・・・

頭の中でのイメージする

写真では手前のスペースが結構有りそうですが、実際は8センチくらいしかありません。

大丈夫か!?笑

滝を作る予定だったので、水の流れるラインと、水を地面の下に落とせるように滝壺&穴を付けました。

一応この右上から水を流して、下の滝壺にたどり着いて、ポンプで吸い上げて、循環する予定です。

25mmのスタイロフォームが最高で4枚重ねになってしまいました・・・

これはもう、流木立てかけて溶岩石一個置いたらいっぱいいっぱいかなぁ。

でも作ってるの楽しいなぁ!腰痛いけど!腹減ったし!

次回、「はじめてのモルタル」お楽しみに!

小型ビバリウム作成。バックパネルにモルタルを盛る。全然混ぜ具合がわからない!
小型ビバリウム作成。バックパネルにモルタルを盛る。全然混ぜ具合がわからない!
初めてのモルタル。 スタイロフォームでのバックパネルのベースが完成したので、次のステップ、モルタル付けを行いました。 モルタル=...
スポンサーリンク
instagramやってます!

instagramやってます!

インスタではブログに載せていないキュートなフォト満載で更新しています!
フォローやコメントお待ちしてます!
Instagram

この記事をシェアしませんか?