この記事をシェアしませんか?

実践!アマゾンソードはフラワーベース(花瓶)で栽培できる?

熱帯魚の話ばかりでもアレなので、たまには水草のお話。

うちのメイン水槽にはアマゾンソードが2株植えてあります。

アマゾンソードというと後景草の代表ともいっても良いくらいメジャーで、丈夫で、見栄えもする水草です。

水作 水心 SSPP-3S

名前の通り、剣のように長く鋭い葉っぱが特長。

大きな葉は魚たちの隠れ家になったり、コリドラスが卵を産み付けたりします。

またCo2を添加したり、水換えをした時には葉や根から気泡を出してくれます。

アマゾンソードの気泡

気泡が線になるくらい大量に!!(Co2添加時)

大きな葉には黒髭苔なども付きやすいので、トリミングも必要になってくると思います。

僕はこんな大胆なトリミングをします。

カットしたアマゾンソード

えー!?

って思われるかもしれませんが、ちゃんと根付いていれば葉が生えてきます!

アマゾンソードが復活

こんな感じに!

丸坊主にしたアマゾンソードから新葉が出てきた。タフな水草だ!
丸坊主にしたアマゾンソードから新葉が出てきた。タフな水草だ!
先日トリミングしたアマゾンソード。 トリミングというか、全部の葉っぱをカットするという「丸坊主」にしちゃったんですが笑 なんとそ...

そんなアマゾンソード、一度植えてしまえば誰でも簡単に維持できる初心者向け・入門編ともいえる水草ですが、根を張ってしまうと植替えに弱いとも言われています。

実はこの度、メインの水槽を90センチスリムから30センチキューブに変更しました。

30センチキューブにはアマゾンソード2株はちょっと窮屈です。

そんなわけで、1株は水槽内に、もう1株をフラワーベース(ガラスの花瓶)で栽培してみることにしました!

スポンサーリンク

インテリアに使える!

フラワーベースでアマゾンソード

アクアリウム自体、インテリアとして映えるものなのですが、手軽に移動も出来ちゃうアクアインテリアとして、これは良いなと思いました!

使用したのはニトリで購入した円筒形のフラワーベース。

5mmくらいのガラス厚で、水漏れは絶対にしないでしょう笑

中に入れた砂は水槽で使用していたものを拝借。

アマゾンソードは本水槽から引っこ抜いた後、根を2センチほど残してバッサリとカット。

根本にある固いどんぐり状の幹(写真撮ればよかったなぁ)はそのまま残します。

このフラワーベースに手が入らなかったので、水(水道水)を入れて、砂を入れて、ピンセットで軽くねじ込んで、さらに上から砂を被せました。

葉の隙間に砂が入ってしまうので、スポイトで吹き飛ばして綺麗にしました。

アマゾンソード

トリミングをしたあと植え替えたのですが、大丈夫かな・・・

今回は丸坊主にしたあと、上の写真のように生えてきた時点で植え替えました。

生えたての葉っぱって柔らかそうで・・・美味しそう・・・

よくよく目を凝らすとミジンコのような微生物もいました。

水道水で生きていけるのかな?

水草アート?

アマゾンソード

真上から撮影すると、また普段とは違った表情を見せてくれます。

これがどのように育ってくれるのか。

じっくり観察していこうと思います。

スポンサーリンク
instagramやってます!

instagramやってます!

インスタではブログに載せていないキュートなフォト満載で更新しています!
フォローやコメントお待ちしてます!
Instagram

この記事をシェアしませんか?